• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

沖縄で生まれた工芸品や民芸品など、「琉球モノ」の魅力をお伝えいたします。

宮古島から ~ 琉球モノ語り


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

山田真萬さんの 「赤絵」

71221Yamada.jpg

今回の「やちむんの里」の陶器市で、私が何より楽しみにしていたのが
     山田真萬さんの 「赤絵」

     山田さんの工房の屋外展示場が遠くに見えた途端
     ドキドキわくわく。。。。。。

     遠距離交際 (と近所づきあい」、読みました?) のカップルのように
     電車から降りて、駅のホームに佇む恋人に駆け寄っていく
     あの感じ・・・      


     で、やっぱりありました。

     「これだ!!!」 と一目で気に入った大皿が。
     
     「今日はこの大皿に出会うために来たんだ (T_T)」 とひとり感激し
     もう大皿の前から動けない・・・・。

     山田さんの作品を語る穏やかでゆったりとした口調が
     子守唄のように耳に優しく、しばしうっとりと作品を眺めておりました。

    
     今回は、赤絵の大皿、中皿、角皿、マカイ・・・
     そして、染付けのお皿などを選ばせていただきました。

(2007年 12月)
  1. [ edit ]
  2. 琉球陶芸



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。