• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

沖縄で生まれた工芸品や民芸品など、「琉球モノ」の魅力をお伝えいたします。

宮古島から ~ 琉球モノ語り


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

感性 - 日本のデザイン展 in ニューヨーク

5月16日から19日までの4日間、北米最大級のコンテンポラリー家具見本市「ニューヨーク国際現代家具見本市(ICFF)」において開催された「感性 - 日本のデザイン展」は、来場者数が4日間で延べ1万2,000名を記録し、盛況裡に終えることができたようです。

 おかげさまで、琉球COLLECTION 叶も琉球ガラス(稲嶺盛吉氏作)を海外の多くの方たちにご覧いただく機会を得られました。

 本当に嬉しいことです。

 「沖縄の工芸品」を世界中に紹介したい! という夢を持って挑戦したアメリカでの会社設立。
「ビジネス」という意味では、まだまだ形になっていない(?)、KANA.LLCですが、こうしてJETROから声を掛けていただいたのも KANA LLCがあってこそ。

 無駄でも無謀でもなかった!とやっと思えるようになりました。

 今回は日本から約100点の出品。 日本製品が持つ「感性価値」を発信し、理解を促すことを目的として、琉球 COLLECTION 叶 のプロデュースする琉球ガラス作品がパリに続きニューヨークでも展示されることになったわけですが、今回は13名のアテンダントがビジネス上の引合いや来場者のコメントを収集してくださったようです。

 現在担当の方たちが、来場者の反応をまとめたリアクションメモ(「購入したい」「作品についての情報が欲しい」など)の集計作業を行っているとのこと、報告が楽しみです!

90530.jpg

写真は会場で展示された叶のパンフレット。
「感性 - 日本のデザイン展 in ニューヨーク」の詳細は、叶のホームページでお読み頂けます。
(2009年 5月)
  1. [ edit ]
  2. 琉球 COLLECTION 叶



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。